2005年05月18日

ISO9001

 私の会社もちょうど3年前にISO9001の認証を受けました。今年は更新監査の年でもあり、4月の年度始めに自社システムの改善点はないかと作業を開始しました。

こちらにも別記事書いています。零細企業(建設)のISO9001の効果は?

 そのとき、ふと思った事がありました。「結局、我社のISOは、監査対応に終始しているのでないか?」という事です。

 もともとISO導入動機は結構不純で、「仕事に有利になる。地区内で他業者も取得に動き出し、乗り遅れるのはまずい。」等の理由からでした。それでもコンサルタントの指導を受け、だんだんと意識も変化し、認証前にはISO9001はすばらしい道具だと思うまでになりました。実際、その思いは今も変わっていません。

 しかし思いと現実は違いました。当然、マニュアル自体も絶えず改善していかなければならないのですが、組織にISO9001の考えがなかなか浸透していかないのです。私の会社は、ほとんど公共工事(土木)で食ってきました。

  そして公共工事と言えば、多くの書類提出が求められます。この春よりの品確法と末端建設業者まで求められつつある電子納品(紙提出も合わせて必要なので電子+紙の2重納品となる)により、これからもっと提出書類は増えると予想されます。こういう環境で、ずっと仕事をしてきました。  

  さて、長年の習慣・反復は恐ろしいもので、思考と行動が知らぬ間に公共工事をおさめる時の方法になっているのです。確かに品質マニュアル作成時にできるだけ役所提出書類にISO9001活動記録を関連付ける事により維持負担を減らそうとしました。それはそれで間違ってはいなかったと思います。

  しかし、その事がかえって、ISO活動=書類作成と知らぬ間に思いこませたのかもしれません。マネジメントシステムとして本当の意味で有効に使えてない原因なのかもしれません。ここを改善していく事が逆転・復活につながるとおもっています。

こちらにも別記事書いています。零細企業(建設)のISO9001の効果は?



imaik1 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ◆雑感日報 

2005年05月17日

イメージロゴと会社案内

そういえば、会社紹介をしていませんでした。
イメージロゴです。私の友人のデザイン事務所パンゲア・アートワークスに作ってもらいました。周囲の評判もいいです。会社近くの道路沿いに、イメージボードを設置しています。


イメージ






今井工務店ホームページへ!

今井工務店 Q & A

Q 信用できる会社ですか?
A 信用してください。地元を中心に誠実に仕事をしています。創業82年、許可(登録)を受けて満55年です。

Q 公共工事の土木(道路、川、山)の仕事だけするのですか?
A 違います。民間の仕事もしています。建築の仕事もしています。

Q 工務店なので、建築の仕事だけですか?
A 違います。土木の仕事もしています。

Q 施工だけで設計やデザインはしないのですか?
A 違います。建築や測量の設計もしています。デザイン事務所との連携でイメージを形にします。

Q 地場零細の土建屋で、品質管理をしてないのでは?
A 大丈夫です。ISO9001の品質システムにのっとり品質管理をしっかりおこなっています。


続きを読む

imaik1 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ◆会社案内日報 

2005年05月10日

どうのりきる?

 会長、社長、専務(私)の3人で経営会議を行いました。

 開会の言葉は会長の「おまえら、これからどう乗り切るつもりか説明しろ!」です。2時間程度議論し、概ね会社の方向性のアウトラインを決定しました。

 社長と私が今月末までに各々考え方を文書化し、意見をまとめ、今後の方針を決定する事になりました。我社の現在の体制を1回ぶち壊し、再構築する事になります。

 確かに公共工事主体に食ってきた会社なので、頭がかたく(柔軟に考えることができない)・営業努力(やっているつもり、工事がでるのを待つだけ)が足りなかった事は事実です。

 逆転・復活へのマネジメントレビューをこれから、がんがんやっていきます。

 




続きを読む

imaik1 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ◆逆転復活! 

2005年05月08日

電子納品ソフトの値段

 ブログの書き始めとなります。よくわかってないですけど、まずはやってみることがすべてと思い、書いていきます。


先日、公共工事に必要な電子入札・電子納品の講習会にいってきました。公共工事は確実に減っています。でも減った公共工事をするために、新たにそろえなければならない道具がたくさんあります。貰えるごはんの量は減ったのに、茶碗と箸にはものすごく金をかけないと食べられないという感じです。おかしい話です。


 電子納品ソフトは使用頻度に比べて概ね高いです。だいたい1ライセンス30万円くらいのものが多いです。また複数ライセンスにすればお得です(1ライセンスあたりの単価が安くなる)の説明でせまってきます。結局は100万超えになってしまいます。展示ブースの各業者に思わず、「高い、高い、高い」と言ってしまいました。飯が減ったのだから、高い道具なんて買えないし、使えません。そのあたり建設会社のフトコロも考慮して金額を決定して欲しいと思います。安くて必要十分なソフトを望みます。


 

imaik1 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ◆雑感日報