地震に備えた収納を!!!(その1)持ち家に求めるものは?

2012年04月10日

地震に備えた収納を!!!(その2)

昨日の 地震に備えた収納を!!!(その1) の続きです。

■ 低予算での地震対策

まず、割れやすいものや危険なものを見てみましょう。包丁は、使い終わったらすぐに収納していますか?裁縫道具やはさみ、カッターナイフは、揺れても飛び出さない場所にありますか?

それらのものは、開き戸や引き戸の奥に片付ける習慣をつけましょう。飛散防止対策をしていない窓は、カーテンを閉める習慣をつけましょう。


次に、背の高い本棚や食器棚。

市販の突っ張り棒などがベストですが、天井と家具の隙間に、発泡スチロールやダンボール箱を置く方法もあります。

ダンボール箱を置く場合には、衣類など比較的軽いものを入れてください。上下の隙間なくギュウギュウにして、家具と箱を密着させるのがコツです。家具の下の前面には、固く細く折った新聞紙や段ボールをかませましょう。


本を並べるのにもコツがあります。下の段には大きくて重たい本を。上の段に行くほど、小さくて軽い本を。そして、簡単には取りだせないほど隙間なく詰めてください。隙間が無いほど、地震の際に飛び出しにくくなります。

本棚に扉が無い時は、ブックエンドやバンドを利用したり、全面を厚めのカーテンで目隠しするのもいいでしょう。


■ これから新築・リフォームするなら

扉をつけた造り付け収納は、倒壊やモノが飛び出す危険が少なくて安全です。それに、部屋がすっきりするので、毎日のお掃除も簡単になります。

とはいっても、部屋の使い方を十分に考えて計画しないと、造り付け収納の大きさや場所を失敗することがあります。


リフォームするなら、その部屋の短所や使い勝手がわかっているからいいのですが、新築の場合は想像力を膨らませたとしても難しいですよね。

その時は、「人にものが飛んでこないようにするには・・・」という視点で、最低限のものだけ考えておくといいですよ。

間取りを考える際には、非常袋や非常食を保管するスペースも確保してくださいね。


↓↓↓↓ imai-メルマガの登録は下の画像をクリック!

 メルマガはコチラ

 

 

【追伸】

4月に【平屋の家】の完成見学会を2回予定しています。

4/14(土)・15(日)・16(月)西条市丹原町、4/28(土)・29(日)・30(月)西条市明屋敷

  詳しくは、今井工務店HP・現場見学会・イベント情報をご覧下さい。

今月の資金セミナーの開催予定はコチラからどうぞ!

よろしかったら今井工務店HP・資金計画セミナーをご覧になって下さい。

ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願します。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ 

--------------------------------------------------

いい家生産工場」へのお問い合せは下をクリック

   クリック!⇒  お気軽相談窓口!

 今井工務店へのお問い合せ方法は、下記のご都合のよい方法でどうぞ!

〒791-0523 愛媛県西条市丹原町北田野1009-2

TEL : 0898-68-7522  0898-68-7522  FAX :0898-68-3754

営業時間/8:00 〜 17:00、休日/日曜日、第2・4土曜日

通話料無料 0120-209-456

アメブロ  http://ameblo.jp/imaik 

HP   http://www.imaik.jp

ール hinshitsu@imaik.com



imaik1 at 06:07│Comments(0)TrackBack(0) ◆お客様とのお話 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
地震に備えた収納を!!!(その1)持ち家に求めるものは?